勝者なき戦い ~チャリウッド2016・その2~

―その後。

地獄のような44分を過ごし第一部終了。

瞼の裏に映るのは、宇宙刑事ギャバンをおっさん達に歌われ立ちすくむ少女の姿。

♪ 男なんだろう~?

いえ、女ですけど?

極度の疲労感の理由は、ベンダーの中がサウナ状態だったからだけではないだろう。

誰からというわけではない。その言葉は、自然と彼らの口からこぼれた。

それは、彼らのうち誰もが思っていたことだった。

「何とかしよう。」

彼らは考えた。

他のパフォーマーのネタはウケていた理由は何か?

お客さんたちが求めているものは何か?

自分たちに足りないものは何か?

やがて彼らは、1つの答えを導き出す。それは、

彼らが奇しくも総合エンターテインメント・グループを名乗る上で必要不可欠なものであった。

それは、「分かりやすさ」だ。

考えてみれば「分かりやすい」とは一体どういうことだろうか。

注意しなければならないのは、「分かりやすい」というのは必ずしも

「正しい」とは限らないことだ。

刀で切られると死んでしまう。

帯を引っ張ると体がクルクルと回ってほどけてしまう。

友達の期待に応えないと「バカ!」と言って怒られる。

すべて、原因と結果がはっきりしている。ストーリーや役割がはっきりしているのだ。

しかし、彼らはどうだったか?

ベンダーから人が出てきて歌い出す。大人たちが数人集まってきて更に歌い出す。

そこには、はっきりとしたストーリーがない。

故に初めて彼らを見た人間にとっては「分かりにくい」ものになってしまうのだ。

おっと、話が何だか反れてしまったようだ。しかし、この話は実話である。

彼らは本当にこのような話し合いを第2部の直前に行っていたのだ。

茶屋町の歩道の上で。

そして彼らは考えた。まずはキャラと設定が必要であると。

ベンダーから出てきた瞬間から、その世界に入り込む必要があることを。

こうして出来上がった新しいスタイル。全くゼロからのプロダクツ。

さぁ、いざ行かん。第2部のステージへ。

ご覧いただきましょう!

総合エンターテインメント・グループ「ぷっちだる」プレゼンツ!!

ストリート・ショート・ショー「偶然街で出会った友人が

浮かない顔をしていていたのであの頃の思い出の歌を歌ってみた」

(続く)

 

チャリウッド2016・その1へチャリウッド2016・その3へ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です